JAバンク住宅ローン

あなたの疑問をスッキリ解決!【JAバンク住宅ローンのQ&A】

今回は、JAバンクの住宅ローンに関するQ&Aをご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

JAバンクの住宅ローンは、誰でも利用することができるのですか?

JAバンクの住宅ローンは、基本的には、組合員でなければ利用することができません。一般に、農業を事業とされている方が正組合員として加入されていますが、組合員でなくても、准組合員として加入すれば、住宅ローンを利用することができます。准組合員となるには、1口5000円の出資金を1口以上出資すればOKです。但し、JAバンクには管轄があり、管轄ごとに微妙に金利やサービスなどが異なります。ローンの対象となる住宅がある管轄のJAバンクを利用する必要があります。

 

住宅ローンに関する相談をしたいのですが、どのような方法がありますか?

管轄となるJAバンクの窓口へ来店したり電話をかける、インターネットの問い合わせフォームから問い合わせる、住宅ローン相談会に参加するなどの方法があります。特に、JAは47都道府県全てが対象範囲になっていますので、近くのJAで住宅ローン相談会がかなりの頻度で開催されています。専門家に対して、気軽に何でも相談することがすることができますので、ご利用されることをお勧めします。

 

 

団体信用生命保険や火災保険は、JA共済が提供するものしか認められないのですか?

団体信用生命保険については、JA共済が提供する団体信用生命共済に加入する必要があります。掛金はJAバンクが支払いますので、ローン債務者が支払う必要はありません。但し、3大疾病特約や長期継続入院特約を付ける場合には、金利にプラスするという形で、ローン債務者が掛金を負担することになります。一方、火災保険については、一定の条件を満たす保険であれば、JA共済が提供している火災共済でなくても大丈夫です。但し、JAでは地震や自然災害の保障も担保した「建物更生共済」なども取り扱っております。この共済に加入すれば、「とくとくプラン適用条件」に該当します。

 

 

保証料はどの程度になりますか? また、どのように支払うのですか?

住宅ローンを締結するためには、JAが指定する保証機関の保証を受ける必要があります。保証料は、借り入れ金額やローン金利、保証機関の審査による保証料率等によって金額が異なります。一般に保証料率は0.2〜0.4%程度になります。支払方法は、前金として一括で支払う方法と、ローン金利に上乗せして支払う方法があります。


住宅ローン審査の悩みを解決するリンク集

住宅ローン審査通らない理由!【フラット35審査基準甘い?】
住宅ローン審査に通らない原因を調査し、審査に通らないとお悩みの方にもっともおすすめの住宅ローンをご案内!収入や健康の基準を満たすコツなど絶対に役立つ情報をご覧ください!
jutakuloan-shinsa-toranai.com/


【JAバンク住宅ローンQ&A】誰でも利用できる?保証料はどのくらい?関連ページ

JA賃貸住宅ローン