JAバンク住宅ローン

JAバンクのリフォームは、車庫、シロアリ駆除、耐震改修など幅広く利用できます!

今回は、JAバンクのリフォームローンをご紹介したいと思います。

 

JAバンクでは、一般の住宅ローン以外に、リフォームローンを取り扱っています。

 

JAバンクでは、個々のJAごとに独立採算制を採用しているために、ローンの詳細についてはJAによって異なる場合がありますが、一般的な項目についてご説明します。

 

リフォームローンの用途は、ローンの債務者また債務者の家族が住居するための、既存住宅の増改築・改装・補修・その他住宅に付帯する施設などに充てる資金であればOKです。

 

具体的には、門・塀・車庫・物置の設置や改修、宅地内の植樹や造園・シロアリ駆除、外壁や屋根の塗装や葺き替え、太陽光発電システムの設置や耐震改修などが該当します。

 

JAバンクのリフォームローンには、T型とU型の2種類があります。

 

T型のリフォームローンの融資金額は、10万円以上1000万円以下で、ローンの返済期間は1年以上15年以下となっています。

 

一方、

 

U型のリフォームローンの融資金額は、10万円以上500万円以下で、ローンの返済期間は1年以上10年6ヶ月以下となっています。

 

T型のリフォームローンのほうが、高額な融資を受けることができますが、融資金額が500万円を超える場合には、住宅や土地を抵当に入れる必要があります。

 

◆住宅ローンを利用できる人の制限としては、T型のリフォームローンについては、JAの住宅ローンを利用している人または住宅ローンの借り入れがない人となっています。

 

◆年収の制限については、150万円以上とするJAや、200万円以上とするJAなど、様々です。勤続年数についても、1年以上とするJAや3年以上とするJAがあります。

 

◆基本的には、連帯保証人をたてる必要はありませんが、JAバンクが指定する保証機関から保証を受けなければなりません。

 

その際、事務手数料や保証料を支払うことになります。

 

例えば、10年のリフォームローンを組む場合、その時の金利などにもよりますが、借り入れ金額100万円あたり2万円弱の保証料が必要になります。

 

◆また、一般の金融機関で住宅ローンを組む場合の団体信用生命保険に相当する団体信用生命共済に加入する必要があります。

 

共済の掛金はJAバンク側が支払います。
3大疾病保証特約や長期継続入院特約をつける場合には、それぞれ、0.2%程度の金利を加算することにより支払うことになります。

 

◆金利タイプは、固定金利選択型・変動金利型・固定型を選ぶことができます。

 

なお、固定金利選択型で、固定期間が終了して再度固定金利を選択する場合には、事務手数料が必要になります。

関連リンク紹介

 

JAと他の銀行の住宅ローンを比較して見ませんか?口コミでも人気の高い新生銀行が私はきになっていたので、こちらをご紹介しておきます。

新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】
新生銀行住宅ローン借り換えの審査の対策法をご紹介します。新生銀行住宅ローンの年収や勤続年数の基準を調べ、審査に通るためのポイントを伝授!あなたの借り換えを必ず成功させます!
www.houseloankarikaesinsa.com/

 


JAバンクローンでリフォームOK?増改築〜耐震改修まで?【金利は?】記事一覧

JAバンクの賃貸住宅ローンって?金利は高いの?【利用可能条件とは?】

今回は、JAバンクのJA賃貸住宅ローンをご紹介したいと思います。JAバンクでは、一般の住宅ローン以外に、賃貸住宅用のローンを取り扱っています。JAバンクの組合員の多くは農家ですが、賃貸住宅の経営を副事業とする場合も考えられますので、ニーズは高いと思われます。JAバンクでは、個々のJAごとに独立採算制...

≫続きを読む

【JAバンク住宅ローンQ&A】誰でも利用できる?保証料はどのくらい?

今回は、JAバンクの住宅ローンに関するQ&Aをご紹介したいと思います。JAバンクの住宅ローンは、誰でも利用することができるのですか?JAバンクの住宅ローンは、基本的には、組合員でなければ利用することができません。一般に、農業を事業とされている方が正組合員として加入されていますが、組合員でなくても、准...

≫続きを読む